『はた☆キャンプ』ヲタソロキャンプブログ~オタクでもインドアでもキャンプができるんです!~

オタクでインドア、アウトドアに全く見向きもしなかった2人の男がキャンパーとして目覚め、その知識や技術、料理レシピなどを公開して、その楽しさや知識や大切な心の持ち方などを伝えるブログです。

パップテント風のタープテント、実際に建ててみて…【感想回】

どうも、『はた☆キャンプ』リーダー:TAISHIです。

 

つい先日、パップテント風のタープの張り方動画を実際に配信いたしました。

 

 

それがこの動画になります。

 

実際に私自身、このタープの張り方をすること自体

”あまりありません。”

 

この張り方自体を知ってはいたのですが、実のところ同じ『はた☆キャンプ』料理長、SINJIがパップテントをこよなく愛し、更にはかぶってしまうということと、もう一つはその見た目や生活空間について、ある程度把握してしまっているからというのが理由です。

 

ですが、今回改めて作ってみて気がついたこと、実際にキャンプで使うとしたらどうか?

そういった、タープ泊を続けている私が感じたことを述べていこうと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

(動画最後に述べている感想の続き&詳細と思ってください。)

 

 

【お知らせ】

いつも私たちのブログを読んでくださり、ありがとうございます。

私のブログの趣旨としては

『キャンプ未経験者の成長記録とその過程で生まれた経験と知識の共有』

にあります。

 

キャンプを始めたての頃から徐々に成長し、現在ではブッシュクラフトにも挑戦しながら

動画配信&ブログ掲載

そして

『キャンプアドバイザー』

として、書籍販売や直接キャンプ指導講座なども行うようになりました。

 

今後とも、皆さんにも当ブログを読んでいただきたいのですが、現在私たちは

【『はた☆キャンプ』無料メルマガ配信】

を制作しております。

このメルマガでは、当ブログ以上にキャンプに対しての知識・技術だけでなく、撮影の裏話や高知キャンプ場の最新情報など、いろいろキャンプに役にたつ情報をあなたに直接お届けいたします!

 

さらに、無料メルマガ登録プレゼントとして

高知県西部地域キャンプ場リアルタイム紹介フォーラム】

のアクセス権をプレゼント!

毎月1日更新の、高知県西部地域にあるキャンプ場の”現在の様子”を写真などを載せて掲載いたします。

「キャンプ場行くのはいいけど、現在の状態がわからないからどうしよう…」

そんなあなたに、リアルな状態をお届けいたします!

また、ここでしかわからなかった

「ここもキャンプできるんだ!!」

そんな情報も掲載予定!!

 

メルマガ準備が整いましたら、追って皆様にご連絡いたしますので、ぜひこの機会にご登録ください!

登録はHPからでもできますので、ぜひそちらも覗いてみてください。

⬇HPはこちら⬇

 

 

 

 

張る時のコツと苦労

まず、このパップテントの張り方ですが、意外にもいろいろと手間がかかります。

まず第一

”必要な道具の量”

です。

このパップテント風のテントを張ろうとすると、どうしても用意しなければならないのが

『ポール』

です。

そのポールの数ですが、前室を立ち上げることも考えるとどうしても3~4本は用意しなければなりません。

そのため、既存のアルミポールなどを用意すると手間がないのですが、それだと味気ないと思ってしまうため、竹や木で用意したくなります

そうなると手間が二重三重にもなってしまい、非常に大変…

 

ペグに至っても、最大14個も使う可能性もあるので、慣れない内はペグも大量に必要となります。

 

この張り方のコツとして、ポールで立ち上げるまでにいかに

”張りをしっかりつけて四角形の形に土台のペグをうてるか?”

にかかっています。

緩みもなくきれいに張ってペグ打ちしていれば、ポールで立ち上げた際にもきれいに張ることができます。

 

この張り方をマスターするためには

”必要な道具の確保”

”きれいに四角形にペグ打ちをしておく”

この2つが非常に重要です。

 

大きさはどれがいいのか

動画内では結局3×4.5をおすすめしていますが、正方形のタープ

3×3・3.5×3.5・4×4

それぞれ3種類だとどれがいいのか?

私個人としては

3.5×3.5

がベストと考えます。

 

動画内にもあるように、3×3は人一人が寝るのに少し厳しいです。

横幅が役150cmしかなく、そこに寝るとなると女性でもギリギリです。

 

4×4だと、横幅は200cm。

縦幅も200cmほどなので、2人が寝る分にも十分余裕があることでしょう。

しかしながら、これには大きな落とし穴があります。

それはテント内の室内が大きくなればなるほど、その分空間が生まれます。

その空間は、特にこれから冬になる季節には寒くなる要因にもなるので、テントのサイズが大きければ当然寒くなるのです。

 

3.5×3.5の場合、横幅や役175cm。

成人男性なら、ギリギリ入るほどの大きさになります。

現に私もギリギリの大きさです。

これならある程度余裕を持って宿泊できる大きさでしょう。

 

そういった理由から、私としては3.5×3.5のタープをおすすめします。

 

前室フルオープンのマンタフライ…しかし…

前室をフルオープンすれば、マンタフライというタープの張り方になります。

 

しかしこのフルオープンバージョン。

秋や夏には非常にいいのですが、冬だと横風がかなり入り込んで非常に寒いのです。

 

キャンプをされるほとんどの場合、風が天敵になります。

風の強さによってはテントが飛ばされますし、焚き火の火の粉が危険です。

冬の場合は風が体温を奪っていきますので、いかに風を遮る形を作るかというのが課題となるでしょう。

 

しかしマンタフライの場合だと、寝室のすぐ前に風の通り道ができるため、割と寒い。

サイドを薪や物を置くなど、ある程度タープ泊をやり慣れている人でないと、その寒さは厳しいかと思われます。

 

そのため、前室をフルオープンにするのであれば3×4、あるいは3×4.5のサイズをおすすめします。

このサイズでもパップテント風のタープテントを張ることは可能です。

前室をフルオープンにすれば、サイドを完全に閉じた状態で過ごすことも可能なので、比較的温かいです。

 

風を遮って過ごすのであれば、ぜひ長方形のタープを使ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

動画内ではまだまだ伝えきれていない部分もありました。

しかしここである程度情報を共有して、皆さんがもしパップテント風の張り方でタープ泊をされるのであれば、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

今回はここまで!!

ぜひまた当ブログを読んでください♪